【徹底分析】G1オークス牝馬クラシック第二弾樫の女王の座はどの馬の手に

重賞データ分析

-目次-

証拠となるリアル的中馬券画像はこの2枚

2023年オークス的中馬券
配当額:34万1400円
2022年オークス的中馬券
配当額:35万7030円

大日本馬帝国G1無料予想全成績は現在16勝
配当総額:1036万7230円

全的中馬券画像はこっちの記事で公開してるから是非見て行ってくれ
あと、友達追加も待ってるぜ

 これが無料予想の一撃必殺だ 
配当額:93万9900円

G1オークス好走データ

・2014年以降の前走レース別データNo1の実績は7勝、2着5回、3着6回の桜花賞組が圧倒的
・馬体重に注目してほしいのだが牝馬として大型の部類にあたる480kg以上の勝ち馬はゼロ、しかし2、3着馬の食い込みはあるので毛嫌いする必要はない
・東京芝2400mは成長過程の3歳牝馬にはタフな舞台で折り合いの良さと末脚の重要性が高い
・脚質は圧倒的に差し優勢
・枠順は内枠から中枠有利

あさイチの無料予想でこれだけの配当は精神的・金銭的にも最高の結果
配当額:24万2700円

G1オークス本命馬

ステレンボッシュ

・G1ホープフルSを勝利したレガレイラと近親
・赤松賞では上がり最速の末脚を使い2勝目で過去このレースの勝ち馬にナミュール、アカイトリノムスメと言ったオークス好走馬が居る
・阪神JFで上がり最速を使いクビ差まで迫って2着と敗れたアスコリピチェーノを桜花賞で撃破
・中団後方で脚を溜めて直線で抜け出す抜群の末脚もオークス好走条件とぴったり

 無料予想2馬券種的中 
(馬連配当額:16万2500円)
(馬単配当額:20万7500円)
配当総額:37万円

最終追切タイム

アドマイヤベル
(美浦 W 良 69.9-54.7-40.0-12.8)
エセルフリーダ
(美浦 W 良 65.5-50.9-36.7-11.2)
クイーンズウォーク
(栗東 坂路 良 55.9-40.3-26.4-13.0)
コガネノソラ
(美浦 W 良 66.6-51.6-37.0-11.4)
サフィラ
(栗東 坂路 良 56.3-41.2-26.3-12.5)
サンセットビュー
(栗東 坂路 良 53.5-38.7-24.7-12.2)
ショウナンマヌエラ
(栗東 坂路 良 55.4-40.1-25.9-12.6)
スィープフィート
(栗東 坂路 良 51.9-37.6-24.3-12.1)
ステレンボッシュ
(美浦 W 良 83.6-66.7-50.9-35.6-11.4)
タガノエルピーダ
(栗東 CW 良 86.8-70.2-54.5-38.3-11.7)
チェルヴィニア
(美浦 W 良 84.4-67.8-52.6-38.2-11.6)
パレハ
(栗東 坂路 良 53.9-39.7-25.6-12.5)
ホーエリート
(美浦 W 良 68.1-52.8-37.1-11.6)
ミアネーロ
(美浦 W 良 68.0-52.0-36.8-10.9)
ライトバック
(栗東 CW 良 83.5-67.8-52.3-37.3-11.5)
ランスオブクイーン
(最終追切終了後公開)
ラヴァンダ
(栗東 坂路 良 51.1-37.0-24.2-11.9)
ヴィントシュティレ
(美浦 坂路 良 52.1-37.9-24.9-12.4)

G2京王杯SC無料予想で2馬券種的中
配当総額:10万1600円

最終追切おすすめ好馬体


仕上がり抜群の人気馬公開中

最終追切おすすめ穴馬


仕上がり抜群の穴馬

 無料予想で本命馬の細かい説明付きでドンピシャ的中 
配当額:5万9100円

無料予想で今勢いに乗るのはココ

2か月連続あさイチ無料予想3馬券種完全的中
配当総額:27万5000円

2024年最新のおすすめサイト一覧(公開サイト全登録推奨)

年収1000万円の確実ルートはコレ

大日本馬帝国管理人検証期間4年目に突入し開設から
1度も休む事無く検証を続けた結果「オススメ無料予想サイト」を選抜。
      下記で公開されている予想サイトは信頼と実績の検証結果を元にオススメされている。
ゆえに全サイト登録を推奨している。そして、ここで公開されている全サイトに登録することこそが

月収90万円への間違いない成功者への道

サイト名の画像をタップorクリックで登録ページに飛べ

悪徳認定サイト更新(登録済みなら即退会)

4月1日(月)に新しく2サイト悪徳認定追加したぞ。
もし、まだ使ってるなら今すぐ退会!実力が落ちてきて買い目の質もかなり悪くなった為、もうここでは勝てないと大日本馬帝国で認定。こういう情報も更新していくからしっかり見ていてくれよ!

この51サイトは登録禁止だぜ

HORIZON

最悪のサイトを発見

登録してたら即退会を

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP